理想の住まいは土地探しから 注文住宅編

いざ家を建てようと思ったら、まずは土地探し。

でもどこに頼めばいいかわからないし、何から始めたらいいかわからない方も
多いのでは?

土地を購入するには、主に不動産屋に希望の土地を探してもらう方法とハウス
メーカーの紹介する土地を購入する方法があります。

予算や立地条件、メリット・デメリットを踏まえながら、あなたにとって理想
の住まいを探しましょう。

ここでは、ふたつのパターンの土地探しを紹介します。ぜひあなたの理想の住ま
い探しの参考にしてください。

不動産屋から紹介して注文住宅を建てる場合には

不動産屋に土地を探してもらうメリットはネットで掲載していない物件に出会えたり、
何よりも住みたい場所に好きな注文住宅を建てたりすることができることです。

希望の地域が決まっている方は、地元に密着した不動産屋に依頼することで広告に出
す前の新着物件を紹介してもらえることもあります。

不動産屋に頼むデメリットは、土地の購入まで時間がかかることがあります。

希望の地域に見合った物件がなかったり、売却される土地の上物の解体工事によって
予定していた期間に着工できなかったりする場合もあります。

もし購入して、地盤改良が必要になれば予期せぬ出費にもなります。

この場合は早めに動くことと、予算も多めに見積もっておくことが必要です。

ハウスメーカーから紹介して注文住宅を建てるには

ハウスメーカーが提供している「建築条件付き土地」があります。

これはその名の通り土地を提供しているハウスメーカーに必ず施工してもらうという一定
条件下のもと住宅を建築できます。

土地だけを購入して他のハウスメーカーや建築士に施工してもらうことはできません。

そのかわりに、住宅を建てる前にきちんと地盤調査がしてあり整備された状態で提供され
ているので地盤改良をする必要はありません。

建築条件付き土地は、予想外の土地の購入にかかる費用を抑えることができます。

デメリットとしては、決められた期間内に着工することや建築についての条件が設定され
ていることが多く、思ったより自由に建築できない場合があります。

土地の購入とセットで住宅の間取りなどの参考プランも一緒に提案されることがほとんどで
全体イメージがつきやすいですが、着工するまでの定められた期間内(通常3ヵ月以内)に決め
なくてはなりません。

気にいったハウスメーカーであればいいのですが、お願いしたい他のメーカーがある時は後悔
しないようよく考えて購入しましょう。

最新記事