注文住宅にかかる費用を予算内に抑えるには

注文住宅はいざ取り掛かってみるとあれもこれもオプションで付け加えていきたくなってしまうもので、予算を大幅に超えてしまったという知り合いにたくさん会ってきました。そのようなことにならないために、今回は予算を1,000円台に設定し、1,000万円台に総費用を抑えるために大切になってくることをここに提示していきたいと思います。

複雑な間取りにしない

注文住宅で失敗しないために特に重要になってくるのがこの項目です。注文住宅は「できるだけシンプルな構造にする」というのが長期的に住宅を見つめなおしたときに必要になってくることです。まず、外壁の構造を正方形及び長方形から徐々に複雑化していくと一気に見積もりを大幅に超えてしまいます。なので全体の構造をまず正方形および長方形に固定して間取りを考えていきましょう。外回りを固定してしまえば、間取りも自然にシンプルなものに近付いていきます。このようなメリットもあるので、外壁の構造は非常に重要なのです。

人件費の安いときに実施

注文住宅では人件費が占める割合が意外と大きいです。なので少しでも費用を抑えたいという方は、人件費がリーズナブルなタイミングで注文住宅を注文すべきであると私は考えています。そのタイミングとは東京オリンピック直後です。このタイミングがもっとも建設業者の手が空いている時期で、これ以上人件費がリーズナブルになるタイミングはおそらくあったとしてもずっと後になるでしょう。