坪単価が低いので敷地面積を広くできる埼玉の注文住宅

埼玉の注文住宅には、敷地面積に関する特徴があります。東京などと比べて、広めな住宅を建てられる事も多い地域なのです。

住宅選びのポイントになる坪単価

注文住宅を作るなら、坪単価に着目する事になります。その数字が高いか否かで、住宅物件が検討される事も多いです。坪単価が高いと、住宅価格も高めになるからです。

坪単価が低いので面積が広い注文住宅を作れる

ところで埼玉地域は、その坪単価の低さが特徴的なのです。少なくとも隣の東京と比べれば、坪単価は低めな傾向があります。
坪単価が低いという事は、それだけ面積も広く確保できる事も多いです。坪単価が高い地域ですと、予算の上限の問題もありますから、なかなか広い面積を確保する事ができません。それでは、作れる住宅も限られてしまうでしょう。
しかし埼玉地域の場合は、総じて坪単価が低めなのです。それだけ広い面積の住宅を建てられるのは、埼玉地域の特徴と言えます。

階層を低めにできる埼玉地域

また面積が広ければ、階層を低くする事もできます。
敷地面積が狭いと、住宅を2階建てや3階建てにせざるを得なくなってしまいます。3階建てぐらいの住宅になると、階段で移動するのも大変です。
その点埼玉地域の注文住宅は、2階建てや平屋にしやすいのです。坪単価が低めな地域なので、1階建ての住宅も作りやすい地域と言えます。階層があまり高くなければ、移動も楽になるでしょう。
つまり埼玉の注文住宅は、面積を広めに確保できるメリットがあるのです。それに魅力を感じて、埼玉の注文住宅を検討している方々も、少なくありません。