注文住宅で後悔しないための工務店選びとは?

注文住宅を考えている際に間取りやデザインの前にまず決めなければいけないのが、どこの工務店にお願いするかということです。実は、注文住宅を作るためには工務店という選択肢とハウスメーカーという選択肢があります。どうすれば後悔しない工務店選びができるのでしょうか。今日は主な2つのポイントをご紹介します。

完成品があってイメージしやすいならハウスメーカー

一般的に工務店よりもハウスメーカーのほうが営業力があり、全国での実績も豊富なので、完成品が多数あり施主にとってはイメージしやすいと言えます。注文住宅を建てる人すべてが建築に詳しいわけではありません。そのため、ただ設計図だけ見せられても具体的なイメージをするのが難しいと言えます。例えるなら、自動車が詳しくない人にその自動車の写真ではなくて、設計図を見せて購入を検討してもらうようなものだからです。それで、イメージしやすさで言えばハウスメーカーのほうが工務店よりも有利と言えます。

アフターケアなら工務店

地元の工務店の強みは地域に密着した経験を生かして建てられるということです。そのため、ハウスメーカーよりも小回りが利きやすく、ちょっとした変更やアフターケアにも対応してくれます。また、地域の気候などに対応した工法なども取り入れてくれるので生活する上で快適な家を提供してくれます。一方で、ハウスメーカーの場合にはどうしても顧客数も多く、メンテナンスなどの対応が遅いというデメリットがあります。